美容のために、リンパマッサージとオイル

起源と歴史

kigen

起源は、紀元前にさかのぼります。
元は、古代ギリシアの民間療法として伝わっていました。しかし、16世紀後半にフランス人医師アムグロアスバレーにより、医療としての有効性が発表されました。そして、マッサージは民間療法ではなく、医療法として見直されるようになりました。

日本に伝わってきたのは明治時代です。明治時代、日本の軍医である橋本乗晃がマッサージの視察を行い、研究し、その後、日本にも導入されました。当時の日本は、富国強兵政策の一環として外国文化を積極的に取り入れていました。
医療技術や食事法、鍛錬法など西洋の技術を研究し取り入れていたので、マッサージも取り入られました。その後、日本でも医療として扱われ現在は国家資格の一つになっています。

効果

人間は、長時間同じ姿勢を取ったり長時間動かし続けていると筋肉は疲労・緊張し、硬直します。その結果、筋肉が血管を圧迫し血流を制限します。そして、血流の制限により肩こり、腰痛などを引き起こします。
それを解消するのがマッサージです。

硬直した部位に適度な刺激を与えることにより、筋肉の緊張を解き血流を正常に戻します。それにより、肩こりや腰痛、冷え性といった疾患を治療します。

また、筋肉にリラックス効果を与えることにより気分を和らげ眠りを誘う効果や、運動後の筋肉痛の緩和、身体機能の正常化による排便効果ももたらされます。

他にも、美容効果も確認されています。リンパ管に循環しているリンパ液を循環させることにより、体内の老廃物を排除し、排除によるアンチエイジング効果をもたらします。

按摩

rekisi

明治時代以前、日本では按摩が用いられていました。
按摩とは、中国から日本に伝わった医療技術でありマッサージと酷似した医療技術です。共通点は、患部を、押す、揉む、撫でるといった方法で刺激を加え、治療させる技術だということです。
違いについては、按摩は心臓に近い方から遠い方に向けて行う技法であり、マッサージはその逆に遠い方から心臓に向かっての施術となります。

また、現在はマッサージ師の資格がなければ按摩業も禁止されています。



おすすめリンク

極上の癒やしの銀座マッサージといえば@フォレストエムズ
豊田で人気のマッサージは|手もみ工房ハニーハンド

グループ

ニュース

2013/10/15
概要
2013/10/15
エステ
2014/04/04
アロマ